RAC

美らっく RAC

2020Jan2020.01.01
機内販売美らっくRAC

新年のご挨拶 ~新しい仲間のご紹介~

いーそーぐゎちでーびる! (沖縄の方言で「良い正月でございます」という新年のご挨拶)

皆さま、新年明けましておめでとうございます!健やかに新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。
沖縄の離島の架け橋として社員一丸となって安全運航に努めてまいりますので、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2020年のお正月はいかがお過ごしですか?令和初のお正月であり、また今年は東京オリンピック・パラリンピックの開催年です。期待に胸をふくらませている方も多いのではないでしょうか?

沖縄では新暦のお正月はもちろんのこと、一部の地域では旧暦のお正月も盛大に祝います。 2020年の旧正月は1月25日です。 沖縄出身のCAの中には、旧正月に那覇市首里のお寺をまわり新年のご挨拶をしているという人もいます。漁業が盛んな地域の糸満市では、旧暦の1月1日には糸満漁港で1年の豊漁や安全を願い大漁旗が掲げられます。

旧正月 糸満漁港の様子

とても力強く色鮮やかで綺麗ですね!!皆さまの地域ではどのようにお正月を祝いますか?お正月の過ごし方や食べ物は地域ごとにさまざまで、大変興味深いものです。

さて! 2020年最初の美らっく♡RACは、昨年厳しい訓練を乗り越えて新しい風を吹かせる期待の新人6名(運航乗務員4名、客室乗務員2名)をご紹介いたします。

運航乗務員は、副操縦士になるまでに約1年間の訓練を受け、合格した後も乗務資格維持のため年に2回の定期訓練や定期審査を受けなければなりません。さらに航空身体検査にも毎年合格する必要があり、技能維持と体調管理に努めるとともに、将来の機長昇格に向けて日々努力を積み重ねます。

客室乗務員は、初めに約1ヶ月半の座学訓練で保安やサービスについて学び、その全ての審査に合格した後は、客室の責任者としてすべてのことを一人で対応し解決できるようにOJT訓練 (実際にお客さまがご搭乗された便で、教官の指導の下に行う乗務訓練) を行います。その後、乗務審査に合格して晴れて独り立ちとなります。 客室乗務員の訓練風景につきましては、過去の記事(2018年8月)でもご紹介しておりますので是非ご覧ください。

★★新人客室乗務員からのコメント★★

(名波)覚えることが多く辛くなることもあった訓練ですが、教官や先輩、同期がRACならではの温かさで支え続けてくれました。またOJTではお客さまから「独り立ちするのを楽しみに待ってるよ」と励ましの言葉を頂く事もあり、とても勇気づけられました。今後はこれまで支えて下さった方々へ恩返しをする気持ちで、RACの客室乗務員の1人として成長し続ける姿勢を忘れずに業務に励んでいきます。

(松元)訓練期間中は心が折れそうになったこともありましたが、周りの人の支えやOJT中お客さまに直接かけていただいたお言葉にいつも励まされました。これからも初心と感謝の気持ちを忘れず、一便一便のフライトを楽しみながらお客さまにRACのあたたかさを伝えられる客室乗務員になれるよう努力していきます。

★★新人運航乗務員からのコメント★★

(佐藤)諸先輩方のご指導および同期の存在が大きな助けとなり、無事に訓練審査を終えることができました。しかしまだスタート地点に立ったにすぎません。安全の確立を大前提として、お客さまに定時性、快適性、環境に配慮した運航を実現できる運航乗務員になれるよう日々精進していきます。

 (西)日々のフライトが学習の場であり、この職業を続けていく限り常に勉強だということを改めて感じております。RACは沖縄本島周辺の島々を結び、県民にはなくてはならない航空会社で、これからも益々その重要性が増していきます。まだまだ新人ですが1人の運航乗務員として何ができるのかを常に考えながら日々精進していきたいと思います。

 (仲持)パイロットという仕事は子供の頃からの夢で、沖縄出身の私にとっては自分の故郷で夢を叶えられた事にとても幸せを感じています。これからは今までの訓練で得たことを活かしながらパイロットとして成長し、皆さまに貢献できるように頑張ります。

(白上)沖縄の離島路線を日々乗務する中で毎回多くの学びがあり、1便ごとに振り返り、次に活かすように心がけています。上空から見る沖縄の海や島々の景色、夜空はまた格別で、フライトする中でも感動する瞬間です。これから先も日々の運航を通して多くを学び、努力を惜しまず自らを高めていきます。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★  

新しい年、新しい仲間を迎え、RACはますますパワーアップしてまいりますので本年もどうぞよろしくお願いします。

皆さまと機内でお会いできる日を楽しみにしております。
最後までお読みいただきまして、いっぺーにふぇーでーびる!
(沖縄の方言で「ありがとうございました」)

機内販売

今回は、1-2月機内販売商品のご紹介です。

  • RACオリジナルスプーン&フォークセット
  • RACオリジナル壺屋焼箸置き小鉢&お箸セット      

1-2月は “RAC機内限定商品” が満載!!

機内でしか購入できない、沖縄をたっぷりと感じられるオリジナル商品をご用意しました。
お土産に喜ばれるのはもちろん、ご自身の沖縄の思い出として購入するのもいいですね!
それではご紹介します♪

RACオリジナルスプーン&フォークセット

沖縄の食堂や食卓で広く親しまれている赤と黄色のお箸「赤黄箸(あかきばし)」をご存じでしょうか?
このデザインをもとにし、Ryukyu Air Commuterオリジナルのスプーンとフォークをセットでご用意しました。
赤の部分にはRyukyu Air Commuterの社名と飛行機が彫られており、染料には抗菌作用のあるウコンが使用されています。
ぽてっとしたフォルムのかわいらしいスプーンとフォークをぜひご愛用ください♪

RACオリジナル壺屋焼箸置き小鉢&お箸セット

スプーン&フォークと同じく、赤黄箸のデザインをもとにしたお箸もご用意!!
赤の部分にはRyukyu Air Commuterの社名と飛行機が彫られており、染料には抗菌作用のあるウコンが使用されています。
今回は、1年ぶりに再登場の壺屋焼箸置き小鉢とセットにしました!

小鉢としてだけではなく、箸置きとしても使用できるので使い勝手が良く、とても人気の商品です。RAC客室乗務員がデザインを手掛けており、ひとつは飛行機の顔を、もうひとつは沖縄の青い海と空のなかを飛行機が飛んでいる可愛らしいデザインとなっています。

個数限定となっておりますので、機内でお手に取ってご覧ください。ひとめぼれすること間違いなしです♪

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com