RAC

RACについてDHC-8-Q400CC

沖縄圏域の島々を空で結ぶ
Q400カーゴ・コンビ

DHC-8-Q400CC

RACは沖縄圏域の島々を結び、大切なお客さまと貨物の航空輸送を担う航空会社として DHC-8-400型機カーゴ・コンビ仕様による運航を毎日40便以上行っています。
通称「Q400カーゴ・コンビ」と呼ぶこの機材は、多くの島々で構成された沖縄圏域のお客さまのご移動のみならず貨物輸送にも優れた輸送能力を持つ機材です。

RACはお客さまの移動の足としてはもちろん、各島々の生鮮食品等の日用品や島の産業振興の発展のため貨物輸送にも貢献しています。

貨物室

この機体の客席数の標準仕様は74席ですが、客室を50席にすることで通常の仕様よりも貨物室を拡充しています。この仕様により従来使用していた Q100やQ300の貨物室と比較すると約2.5倍の広さとなり、与那国のカジキマグロや久米島の車海老、海ブドウ等の海産物資源を迅速かつ大量に運ぶことができるようになりました。
また沖縄に毎年襲来する台風シーズンには離島への船舶による貨物輸送が長期間困難となることから、Q400カーゴ・コンビの貨物室に大量の日用品を搭載し、離島の皆さまの早期の生活復旧にも努めています。

客室

客室の快適性も向上し、明るい機内に加え、座席のシート間隔が広くなっていて、ご年配のお客さまやお手伝いが必要なお客さまにも、窓から見える島々の綺麗な海、広々とした座席でゆったりと快適な空の旅をお楽しみいただけます。

Q400カーゴ・コンビは、沖縄の離島事情に合わせた旅客・貨物双方の輸送能力に優れた機材です。

関連情報

TOPICS