RAC

代表メッセージ

就職はゴールでなく
「スタートライン」

代表取締役社長金城 清典

仕事を通して自身を成長させ、そして自分の成長を以て地域社会の発展に貢献していきたいと考えている方に是非入社して欲しいと考えています。
RACらしい、もっと良いサービスって何だろう、もっとお客様が期待するサービスってなんだろうを考え、そして実現していかないといけないですし、地域貢献を目指すRACですので、仕事の結果が地域社会の発展に貢献できる事が実感できるのです。
就職はゴールではなくスタートラインです。当社は会社自体もアットホームな雰囲気で、社内全体の敷居が非常に低く、縦横の繋がりが密で、新人も皆で温かく迎えてくれる職場です。ご自身の成長と共に沖縄のオンリーワン企業RACの成長に貢献できる皆さまの応募をお待ちしています。

社員インタビュー

毎日多くの島々を飛び回るRACの飛行機を支えるのはすべての社員です。常にお客様の安全と定時運行へ向けて、妥協することなく働く各部署の社員に「RACで働くということ」「RACで働く意義」について問いかけ、仕事への情熱を語ってもらいました。
RAC社員のリアルインタビューです。

業務企画系

MIREI
MASEBA間瀬場 美麗

2017年入社 沖縄県出身

コミュニケーション能力を武器に
スムーズな調整を目指す!

学生時代に那覇空港でアルバイトをしており、航空業界に興味を持ちました。地元・沖縄に貢献できる仕事がしたいと考え、離島を結ぶ重要な役割を担うRACで県民の生活を支える仕事をしたいと考え、志望しました。

NOBUHISA
KINJO金城 敦久

2016年入社 沖縄県出身

飛行機に対する情熱は人一倍!
自主的な姿勢を崩さない。

父が航空機の整備士という事もあり、幼い頃から飛行機が好きでした。本島と離島を結ぶ地域密着型の航空会社であるRACには生活路線としての誇りと使命感を感じ、共に沖縄の発展につながる仕事がしたいと考えました。

YUDAI
YONASHIRO與那城 裕大

2016年入社 沖縄県出身

高みを目指して邁進し、
尊敬する先輩方を超えていきたい!

中学時代に南大東島で生活していたこともあり、離島における航空会社の役割は移動手段だけでなく、物資や食料の運送なども担うライフラインであることを実感しました。離島と本島をつなぎ振興発展に貢献したいと考えています。

AKIRA
TAMANAHA玉那覇 彰

2014年入社 沖縄県出身

日々目まぐるしく変化する
航空業界をタフに乗り切る!

大学で地域行政について学んだことで、島嶼社会である沖縄に貢献できる仕事がしたいと考えていました。RACは離島を結ぶ生活路線という重大な役割を担っており、やりがいのある仕事に出会えると考え、入社を志望しました。

整備系(メカニック)

NAO
NOHARA野原 直

2017年入社 沖縄県出身

五感をフルに使い、
違和感に気づける整備士を目指す!

高3の夏休みにJAL系列の会社でアルバイトした際に社員の方が優しくとても良い雰囲気の会社だと思いました。就活担当の先生がJTA出身で、RACは社員同士仲が良い会社だと聞き「ここだ!」と思い志望しました。

KOTA
NAKAZATO仲里 公汰

2017年入社 沖縄県出身

好きを仕事にできたから、
妥協せずに向上心をもって挑む!

幼いころから航空整備士になる事が夢だったので、一度車の整備士として就職しましたが、あきらめきれず航空整備士の道に進む決意をしました。RACは地場産業や環境振興にも貢献できる魅力的な会社だと感じました。

運航乗務員(パイロット)

SATORU
KATO加藤 悟

2011年入社 群馬県出身

凝ったらトコトン突き詰める!
妥協をせず安全飛行第一!

沖縄には何度か旅行で訪れていて、久米島や宮古島で島の人々との触れ合いや美味しい特産品を楽しんだことなど、思い出深い場所でした。美しい海を眺めながら沖縄の島々を飛んでみたいと思い、RACを選びました。

MASATAKA
YOSHIKAWA吉川 昌孝

2014年入社 愛知県出身

具体的なフライトイメージを武器に、
沖縄の空と格闘する!

副操縦士として乗務する他、 航空交通業務ワーキンググループとしても活動しており、管制業務に関連して生じる様々な疑問や要望を管制官などと情報交換しながら、社内に共有する業務も行っています。

YOKU
MURAKAMI村上 翼

2013年入社 東京都出身

成功の反対は「諦めること」。
継続することで今がある!

幼い頃からの夢だったパイロットの仕事を大好きな海に囲まれてできる環境に魅力を感じました。サーフィンが好きで、沖縄には一度住んでみたいと思っていて、今では素潜り、釣りと海辺に居る時間がどんどん増えています。

SEIJI
MOTOBAYASHI元林 成二

2013年入社 広島県出身

目標に向かって前向きに取り組み続け
「島民の足」を守る!

私は四方が山に囲まれた小さな離島のような村で育ち、幼い頃から交通インフラの重要性を強く感じていました。RACは「島民の足」として生活の基盤を支えており、私も一緒に地域活性化に貢献したいと考えました。

客室乗務員(キャビンアテンダント)

MAKI
OHSHIRO大城 真季

2017年入社 沖縄県出身

持ち前の明るさで、お客さまから
自然な笑顔を引き出したい!

学生時代、RACに乗って宮古島に行った時、機内の雰囲気や宮古島の人々の温かさに触れたことがとても印象的でした。私も接客を通して大好きな沖縄と離島の魅力を伝える仕事がしたいと考え、RACを志望しました。

MINAO
NAKAMURA中村 みなお

2017年入社 沖縄県出身

生活路線を担う使命を胸に、
離島の個性や魅力を伝える。

大学進学で沖縄を出た時に、沖縄のことを全然わからないことに気づかされました。大好きな沖縄のことを自分の目で見たい、そして本島だけでなく多様な文化をもつ離島の魅力を伝えたいと考え、RACを選びました。

SAKURA
SUDA須田 さくら

2017年入社 沖縄県出身

体力には自信あり!ほんわかと
温かい空の旅を提供したい。

宮古島を訪れた時に感じた、人の温かさや居心地の良さがきっかけとなり、離島の魅力をたくさんの人に伝え、沖縄県の振興発展に貢献したいと考え、地元沖縄の離島の人とモノ、そして想いをつなぐRACを選びました。

SAKURA
TAKUSHI澤岻 さくら

2017年入社 沖縄県出身

得意の英語を活かし、すべての
お客さまにもくつろぎを届けたい。

元々知らない土地を訪れることが好きで、航空会社を志望していました。RACは地元沖縄の離島を結ぶ貢献度の高い会社だと考え、選びました。一人乗務は責任重大ですが、お客さまとの距離が近く魅力的だと思いました。